医療脱毛ってどれくらいの回数で完了するものなの?

医療脱毛にかかる平均回数は何で変わる?

比較的少ない回数でも効果が感じられやすいという医療脱毛。

では何回くらいで脱毛が完了するの?

と、気になるところでしょう。

 

脱毛にかかる平均回数は4つの条件で左右されると言われています

どんな条件の違いが関係しているのか見てみましょう。

脱毛する部位の違い

脱毛を希望する部位によっては、脱毛回数が少なく済んだり、かなり多くなったりするようです。

VIOに関しては、Vラインは比較的に少ない回数で理想の形に脱毛できますが

Iラインはデリケートな部分だからこそなかなか脱毛ができず、時間がかかることが多いです

Oラインは毛の多さに個人差があり、毛が多く生えている人は少ない人の
2倍ほど回数が必要なことも。

体のどの部位を脱毛するかによって平均回数は変わるので、最初にどこを希望するのかよく相談しておくと後々無駄に回数を増やさなくて済みます。

照射レベルの違い

クリニックで使用されている脱毛マシーンでは照射レベルが設定できるようになっています

うまく脱毛しないようなら照射レベルが低いのかもしれません。

脱毛しにくい部位ではなく、他の条件も悪くないはずなのになかなか効果を感じられない…

と感じたらすぐに相談しましょう。

何も言わずにいると通常よりも
多くかかってしまう場合があります

毛深さ・毛の太さの違い

毛が太ければ太いほど抜けにくいものです。

毛深い、毛が太いという人は
平均回数+3回を目安にするといいでしょう。

ただ、産毛まで綺麗に脱毛をしたい場合も、太い毛の人と同様で時間がかかります。

太い毛はなかなか焼ききれないのと逆に、細い毛には機械の特性上反応しにくい分、どうしても時間がかかってしまうんですね。

どこまで脱毛するかの違い

目立つ毛を脱毛したい思っている人と、産毛も全て脱毛したいという方も…

先述した通り、産毛の脱毛は時間がかかるため、そこまで綺麗にするとなると多少

回数が多くなります。

目立つ毛がなくなるだけでも自分で処理する必要がなくなるので

様子を見ながら回数を増やすか検討するといいでしょう。

脱毛の回数が多くなる人には共通点がある

脱毛したい部分の肌に色素沈着がみられたり、乾燥していたりすると回数が多くなりやすいようです。

色素沈着があると肌が黒ずんで見えますが、医療脱毛で使用されるレーザーは

黒い色に反応して当てるため

肌まで傷つけてしまうのです。

さすがに脱毛してお肌を傷つけるわけにもいかないので、クリニックが

照射レベルを落とすために、その分

効果が弱まり、回数を増やさざるを得ないというわけです。

乾燥肌の場合はレーザーによる刺激が強く、これも肌を傷つけてしまう原因になります。

脱毛する前のカウンセリングで肌質まで見てくれるので、そこで肌の状態に合わせて回数の相談ができるでしょう。

回数をできるだけ抑える方法は?

肌が乾燥していると回数が多くなりがちと説明しましたが、これは自分で

予防、改善することが可能なトラブルです

特に脱毛したい部分をしっかり保湿するように心がけるだけで

  • 脱毛回数を抑え
  • つやつやの肌を

手に入れることもできるため一石二鳥

あとは、脱毛したら次回の予約を入れてから帰ると思いますが

あまり変更しないように気を付けましょう。

毛周期という毛が生えて抜けるサイクルがあり

  • 成長初期
  • 成長期
  • 進行期
  • 休止期

4段階に分かれているのですが

成長期に脱毛するのがベストだと言われています。

個人差はあるものの2、3か月周期なので、次回の予約をずらしてしまうとこの成長期を逃してしまうことも。

最も脱毛の効果が出やすいのが成長期なので、どうしても行けない理由がない限りはしっかり予約日を守って脱毛した方が回数は少なく済むでしょう

医療脱毛したい人気の部位と脱毛回数をご紹介!

脱毛したい部位としてよく挙がるのが、VIO、脇、鼻下です

VIOは自分でなかなか処理しづらい部位ですし、脇は生えてくるのが早いのでいちいち抜いたり剃ったりするのが面倒だと言われています

また、鼻下は産毛が生えているだけで

化粧がしづらい部位なので、処理しなくて済むようになると楽になります。

今回はこの3か所の脱毛平均何回かかるのか?

効果が感じられるのは何回目からなのかまとめてみました。

VIOは

  • Vライン
  • Iライン
  • Oライン

によっても回数が違うためそれぞれについてご紹介します。

VIO脱毛で効果が感じられる回数は何回目?

VIO全体の脱毛の平均回数は5、6回と言われています

もし全く毛がないハイジニーナにしたいのであれば

+3回の8、9回が目安となるでしょう。

どちらにしても医療脱毛では効果が感じられるのは

2、3回目くらいからだそうです。

Vラインでは、毛を残す場合3、4回ほどで終わることが多いです

形を整えたいという人は半年ほどの短い期間で脱毛が完了します。

Iラインは色素沈着がみられる部位のため、Vラインに比べて回数がかかります

目安としては8回前後かかると言われていますが、ハイジニーナだとそれ以上かかると考えておきましょう。

Oラインは個人差が大きい部位です

毛があまり生えていない人だと

2、3回で済みますが、毛の本数が多ければ

10回ほど脱毛が必要なこともあります。

脇の医療脱毛の平均回数は?

毛量によりますが、たいてい

6~10回くらいでツルツルとした状態になります。

脇に生えてくる毛は体毛の中でもVIOと同じくらい太い毛なので時間がかかるようです

毛深い人は12回ほど脱毛する必要がある場合もありますが、完全に毛をなくすのではなく

多少自己処理した方がいいレベルにするなら
8回くらいの脱毛で済みます。

鼻下脱毛の効果が出る回数は?

顔に生えてくる毛は細く薄いので、そこまで個人差が出ない部位です

鼻下は産毛に近いのでレーザーで捉えるのが難しく、肌がデリケートなので照射レベルを低めに設定することがほとんどです。

そのため6~7回くらいの脱毛が必要でしょう

産毛までスッキリなくすとなるとさらに回数が増すため、10回ほどかかると想定した方がよさそうです。

毛が細いことから、効果が感じられるのは

5回目くらいと遅いですが、お手入れが必要なくなることを考えたら理想の状態に近づくまで我慢するのがいいでしょう。

注意した方がいいことが1つ。

鼻下はホルモンや加齢の影響で
また生えてくる可能性が高いようです。

永久脱毛になるかどうかはやってみないとわからないので覚えておきましょう。

回数無制限のコースを選ぶのも

脱毛の回数ごとにコースがあり、カウンセリングしてコースを決めるのが一般的ですが、実は回数を気にせず通える

回数無制限コースが存在するのです。

回数無制限のメリット

最大のメリットは回数を気にしないで好きなだけ脱毛しに行けるということです

料金は契約時に支払う金額のみで、脱毛に思ったより回数が必要となっても

追加料金は必要ありません

  • 細くて抜けにくい毛の脱毛には時間がかかりますが、それを気にすることなく自分の理想まで抜くことができます
  • 予約をキャンセルすると回数制限のあるコースだと損をすることがありますが、回数無制限なら損はしません
  • スタッフによる照射漏れがあってうまく抜けない箇所があってもまた行って照射すればいいだけ

このように回数が無駄に増えても

ノンストレスなのが魅力です

それから、期限が設けられていない場合は数年後にまた毛が生えてきたという時も脱毛しに行くことができます。

保証制度感覚で一度料金を支払ってしまえばずっと安心することができるでしょう

無制限のデメリット

回数無制限だからこそ、料金がとても高くなります

もちろん10回以上通うのであればお得な料金設定ですが、例えば…

  • 思ったよりも少ない回数で脱毛が完了した場合
  • クリニックが突然つぶれてしまった
  • 自分が引っ越したりして通えなくなった

そのような場合は損をすることも。

期限だけでなく、1年間に何回までというルールが設けられていることもあるようです。

毛周期の関係で、その決まりに従わずに頻回に脱毛しても効果は得られにくいため仕方のないことかもしれません。

無制限がおすすめなのはこんな人

  • 毛深く、1本1本の毛が太い何回通えば脱毛完了するかわからないのが不安
  • たくさん通ってスッキリ綺麗にさせたい
  • 効果が出るまでに時間がかかる部位を脱毛させたい

このような人は回数無制限にした方がお得になりやすく、満足しやすいでしょう。